←戻る        次へ→               
カッパドキア観光
ネヴシェヒル、ユルギュップ街道の『妖精の煙突』です。

エルジェス山などの周囲の火山活動によって、溶岩や凝灰岩の地形ができ、それが 雨や風によって侵食されて、出来た地形らしいです。

自然に、こんな形が出来るんですね。
神秘的です+.d(・∀・*)♪゚+.゚
地下都市
イスラム教徒の迫害から逃れるために、キリスト教徒が 隠れて住んでいた都市らしいです。
地下8階まであり、蟻の巣みたいです。
狭いです・・・

とりあえず、ここに行く人は、黒い服などは 着ないほうがいいですよ。
何故って???(´-ω-`)
石灰岩なんで、出てきたときには、灰色になっているからです。
お気に入りの服装は、よしたほうがいいですよ。
帽子があると、いいかもしれませんね。
あっ!スカートは絶対厳禁です(見せたいなら別ですけど・・・)
住居・集会所・共同炊事場・教会・墓など、地上と変わらない生活様式です。
凝灰岩の地面は掘りやすいけど、崩れずらいという特性をもっているから、 出来た都市なんです。
数箇所には、円盤形の巨大な岩があるんですけど、 これは扉らしいです。
大きいものは、男の人の背丈以上あるらしいです。
これは、敵襲に備えて工夫された回転扉らしいです。
すごい技術と知恵ですよね。
ギョレメ野外博物館
『ギョレメ』の意味は・・・
「見てはならないもの」という意味らしいです。
(/。\)

中には、壁画が描かれた洞窟教会が集中しています。
塗料が赤なんですけど、なんの原料なんですかね?
物売りの子供たちは、みんな片言の日本語話していました。
やはり、親日国なんですね。(*´ー`*)
たまに、仲良くなると、トルコの名物『ナザールボンジュ』くれますよ。
これは、日本のお守りといっしょで、目玉のあるお守りです
いたるところで、まとめて売ってますから、 交渉して買ってください。
やっぱり、田舎のほうが安めで買えますよ(ノ-^0^)ノ

←戻る        次へ→